自動車専用ソフトウェアの

テクノロジー

車両のソフトウェアの詳細な遺伝的構造とピンポイントの脆弱性を見て、自動車の安全性を維持します。

デモを予約

ボンネット

の下

遺伝子コード

をマッピング

愛車のDNAを理解しましょう。組み込みECUソフトウェアをCybellumにアップロードすると、自動的にバイナリファイル内のすべての特性が可視化されます。ソースコードは不要です。

Cybellumはファームウェア全体をマッピングし、ハードウェアアーキテクチャ、オペレーティングシステム、システム設定、制御フロー、APIコール、ライセンスなどを識別します。これにより、車のありとあらゆるコンポーネントの内部にあるものを正確にデジタル表現(サイバー・デジタル・ツインズ)できます。

ボンネット

の下

リスクに

曝されていることを認識する

Cybellumは、プライベートおよびパブリックデータベースを使用して、既知および未知の脆弱性をすべて検出します。次に、脆弱性はそれぞれ、関連する特定のコンポーネントおよび車両に及ぼすリスクによって評価され、セキュリティ全体に影響を及ぼす可能性のある攻撃チェーンが示されます。

最後に、コンポーネントはセキュリティ要件 (ハードニング、OTAフロー、コーディング基準など) に照らして検証され、業界標準のISO/SAE 21434およびUNCEC WP.29規則に準拠しているかどうかが審査されます。


ボンネット

の下

セキュリティハザード

の継続的監視

常に更新されるセキュリティフィードを使用して、Cybellumは新しい脆弱性、既存の脅威に対する深刻度レベルや新しい攻撃手法をチェックし、各車両のデジタルツインと比較してリスクがあるかどうかを確認し、お客様の車両全体に対する完全な影響評価を表示します。

ボンネット

の下

遺伝子コード

をマッピング

愛車のDNAを理解しましょう。組み込みECUソフトウェアをCybellumにアップロードすると、自動的にバイナリファイル内のすべての特性が可視化されます。ソースコードは不要です。

Cybellumはファームウェア全体をマッピングし、ハードウェアアーキテクチャ、オペレーティングシステム、システム設定、制御フロー、APIコール、ライセンスなどを識別します。これにより、車のありとあらゆるコンポーネントの内部にあるものを正確にデジタル表現(サイバー・デジタル・ツインズ)できます。

リスクに

曝されていることを認識する

Cybellumは、プライベートおよびパブリックデータベースを使用して、既知および未知の脆弱性をすべて検出します。次に、脆弱性はそれぞれ、関連する特定のコンポーネントおよび車両に及ぼすリスクによって評価され、セキュリティ全体に影響を及ぼす可能性のある攻撃チェーンが示されます。

最後に、コンポーネントはセキュリティ要件 (ハードニング、OTAフロー、コーディング基準など) に照らして検証され、業界標準のISO/SAE 21434およびUNCEC WP.29規則に準拠しているかどうかが審査されます。


セキュリティハザード

の継続的監視

常に更新されるセキュリティフィードを使用して、Cybellumは新しい脆弱性、既存の脅威に対する深刻度レベルや新しい攻撃手法をチェックし、各車両のデジタルツインと比較してリスクがあるかどうかを確認し、お客様の車両全体に対する完全な影響評価を表示します。

自動車産業

との連携

ソースコード不要

バイナリコードの解析により サプライチェーン全体のすべてのコンポーネントを保護 - ソースコードへのアクセスは不要

シンプルな エージェントレスの 展開

即座に展開される 100%オフボードソリューション 車両へのインストール不要

コンプライアンスの徹底

Facilitates compliance with regulations and standards such as UNECE WP29, ISO/SAE 21434 and more

自動車専用に 作られた

セキュリティ

当社の技術は、自動車に見られる特殊なオペレーティングシステムとアーキテクチャで動作するよう設計されています。脆弱性そのものだけでなく、攻撃の連鎖全体を明らかにすることで、自動車メーカーは、関連する脆弱性が引き起こす可能性のある損害を明確に把握することができます。