製品セキュリティ

オペレーション

継続的に監視し、リスクを軽減することで、コンポーネント、車両、保有車両群全体のセキュリティを常に確保します。

デモを予約

たった今セキュアでも、

今後も
セキュアとは
限らない

たとえ私たちの車が駐車場から出たときは安全であったとしても、新たな脅威は進化し続けています。かつては安全だったソフトウェアが、数年後にはサイバーリスクにさらされる可能性があります。また、車内のコンポーネント間には多くの接続があり、1つの脆弱性が複雑な攻撃の連鎖を引き起こし、車とドライバーを危険にさらすこともあります。

リアルタイムで保有車両群の安全を守る

製品セキュリティオペレーション

常に新しい脆弱性 を見つけ続ける

新しい脆弱性や進化する脆弱性を リアルタイムで監視し、 新たな脅威を 把握して対処します。

自動車部品の脆弱性 をマップ化する

脆弱性が特定のソフトウェアコンポーネントにどのように関連しているかを確認し、深刻度と関連性に基づいて脅威に優先順位を付けます。

車両レベルの攻撃チェーン を理解する

関連する脆弱性が車の全体的なリスクレベルに与える影響を判断する。

リアルタイムで保有車両群 の影響を追跡する

保有車両全体のエクスポージャーを統一されたダッシュボードから一目で把握することができます。

あらゆる保有車両、車、コンポーネントに対する

完全なリスク可視性

個々のソフトウェアコンポーネントに影響を与える新たな脅威を監視し、それらが車両全体のセキュリティにどのような影響を与えるかを把握します。

仕組みを見る >
仕組みを見る >

コンプライアンスが

標準になる

Cybellumプラットフォームは、主要なISO/SAE 21434規格および今後予定されているUNECE WP.29規制への準拠を支援します。これには、リスク評価や脆弱性管理から、文書化や監査準備まで、すべてが含まれます。

ソフトウェア の安全性を 確保する

路上の新たな脅威を特定し、
ソフトウェアを積極的に
保守することで
セキュリティを維持できます。

新たな 脅威への 対応

実用的な見通しをリアルタイムで 提供することにより、
新たな脅威に 打ち勝つことができます。

常時、 保有車両を安全に

コンポーネントの脆弱性が 保有車両全体にどのような 影響を与えるかを示し、 より迅速かつ正確に問題に 対処できるようにします。

を探る

CYBELLUM

Cybellumオンロードの知識を深める
組立ラインを離れた車のリスクを常に監視し、
自動車のライフサイクル全体の
セキュリティを提供する
ソリューションです