製品セキュリティ

アセスメント

車のソフトウェアにあるリスクを排除することで、開発、統合、生産の段階それぞれでセキュリティを維持します。

デモを予約

車は安全ですが、

ソフトウェアは
安全ですか?

私たちの車に搭載されているソフトウェアコンポーネントは、事実上、ブラックボックスです。

ソースコード自体にアクセスできないため、サプライヤーが適切に脆弱性から保護しているかどうかを確認する方法がありません。

高価な侵入テストを使っても効果はありません。最高のレポートであっても、車1台の1モデルの1つのコンポーネントの1バージョンのみを対象としているため、拡張性に欠けています。

製品セキュリティアセスメント

あらゆる角度から エクスポージャーをマッピング

ビジネスへの影響 を把握する

脆弱性がビジネスに与える影響がどの程度深刻なのかを正確に確認し、ソリューションを導入することで実際どのような影響があるのかを判断することができます。

すべてのコンポーネントの依存性を 捜し出す

すべての組み込みソフトウェアコンポーネントがどのように接続されているか、また、それぞれの脆弱性が車全体のセキュリティにどのように影響するか確認できます。

関連するすべての脆弱性 を特定する

ソフトウェアにある脆弱性や弱点の完全なリストを表示し、最初にどの問題に対処すべきか知ることができます。

セキュリティポリシー および 規制の遵守

すべてのソフトウェアコンポーネント内で、セキュリティポリシー、業界規制、および基準が自動的に検査され、実施されていることを確認します。

全車両とコンポーネント

の完全なリスク可視化

個々のソフトウェアコンポーネントがリスクにさらされていることを確認し、車のセキュリティ全体に与える影響を把握します。

仕組みを見る >
仕組みを見る >

コンプライアンスが

標準になる

Cybellumプラットフォームは、主要なISO/SAE 21434規格および今後予定されているUNECE WP.29規制への準拠を支援します。これには、リスク評価や脆弱性管理から、文書化や監査準備まで、すべてが含まれます。

すべてのファームウェア の属性 を公開

バイナリファイルから 各コンポーネントの ソフトウェアアーキテクチャ を抽出し、ソースの 脆弱性を特定

ソースコード不要

バイナリコードの解析により サプライチェーン全体のすべてのコンポーネントを保護 - ソースコードへのアクセスは不要

文脈中の 脆弱性を 評価

コンポーネント個々の脆弱性が 他のコンポーネントにどのような 影響を与えるか、 そして車の全体的な 影響を示しています。

CYBELLUM

を探る

Cybellumオンロードの知識を深める
組立ラインを離れた車のリスクを常に監視し、
自動車のライフサイクル全体の
セキュリティを提供する
ソリューションです